豊後高田市の歯医者さん

〒872-1202 大分県豊後高田市香々地3949
大交北部バス 新竹田橋バス停下車すぐ

診療時間
9:00〜13:00 ×
14:30〜18:00 × ×

休診日:土曜午後・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

0978-54-2051

当院のむし歯治療

当院ではなるべく患者さまご自身の歯を長持ちさせるよう、お身体に負担の少ないむし歯治療を実践しています。痛いのが苦手という患者さまも、お気軽にご相談ください。

痛みの少ないむし歯治療

当院ではなるべく痛みを感じさせない、痛みの少ない治療を行っています。

治療時の痛みを軽減するために麻酔をかけますが、この麻酔注射自体が痛くて嫌いだという患者さまも少なくありません。そこで当院ではこの麻酔時の痛みが少なくなるよう、注射の打ち方にも工夫をこらしています。

麻酔注射の工夫

歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を施し、針を刺す際のチクッとする痛みを軽減しています。さらに麻酔液の注入には、全自動の電動注射器を使用。注入速度を一定に保つことで痛みを感じにくくしています。

また、ご希望の患者さまには、笑気麻酔を使用することも可能です。マスクを装着して笑気ガスを吸入することで、心を落ち着かせ痛みや恐怖を感じにくくする効果が期待できます。

痛みが苦手という患者さまもどうぞ安心してご来院ください。

なるべく歯を削らない・神経を抜かないむし歯治療

なるべく歯を削らない「MI治療」

歯は削れば削るほど、脆く弱くなってしまいます。そのため当院では、むし歯に侵されていない健康な部分の歯をなるべく削らず、むし歯の部分だけを削る「MI(ミニマルインターベンション)治療」に取り組んでいます。

まず「う蝕検知液」という、むし歯になった部分を識別できるお薬を塗って、むし歯の部分を明確化。MI治療専用の極細のバー(歯を削る器具)を使用して、少しずつ丁寧に削っていきます。

またなるべく銀の詰め物や被せ物にならないよう、削る部分が少なくて済むコンポジットレジン(歯科用プラスチック)による治療も実践。見た目も白く、目立たないだけでなく、金属アレルギーの心配もないためおススメです。

なるべく歯の神経を抜かない治療

神経を取ってしまうと歯に栄養分がいきわたらなくなり、枯れ木のような状態になってしまいます。脆くなって折れたり欠けたりしやすくなります。

そのため当院では、むやみにすぐ神経を取るような治療はしておりません。患者さまのご希望を伺い、歯の状態を見ながら、時には経過観察の時間を十分に取って、できるだけ歯が長持ちするように治療を行っています。

むし歯治療の流れ

むし歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

むし歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

むし歯の部分を取り除く

むし歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

むし歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

むし歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

0978-54-2051

診療時間

 
午前 ×
午後 × ×

午前:9:00〜13:00
午後:14:30〜18:00
休診日:土曜午後・日曜・祝日

0978-54-2051

〒872-1202
大分県豊後高田市香々地3949
大交北部バス 新竹田橋バス停下車すぐ